AV女優は風俗以外でも稼げる

AV女優

多くのAV女優が引退した後は、高級デリヘルやソープランドなどの風俗で働く道を選ぶ人がいますが、しかし風俗以外でも実は一度AV女優としてデビューすると意外にも風俗以外の仕事で稼いでる人が結構います。AV女優としてデビューした女の子には「AV女優という肩書」がありますので、一部の業界ではその肩書を活かせば稼ぐことができてしまいます。

ストリップバーで働く

ストリップとはステージ上で女の子が服を脱ぎながらダンスやショーを行うことで、ショーを行う場所をストリップバーやスリップ劇場があります。有名なストリップ劇場として「浅草ロック座」がありますが、意外とAV女優がストリッパーとして働いています。
女の子はストリップショーを行わなければならないので、エロさ溢れるダンスや服の脱ぎ方など練習をしなければなりませんが、売れっ子のダンサーになると一回の公演でたくさんのチップが貰えたり、お得意様からプレゼントなどが貰えたりします。
ストリップショーを見るくるお客さんは男性だけだと思われがちですが、意外にも女性も多くカップルや夫婦で見るくる人もいます。

自分のお店をオープンする

AV女優の肩書を最大限に活かしたキャバクラ(スナック)やガールズバーなどの飲食店やデリヘルなどの風俗店をオープンして稼いでいる人もいます。
デリヘル店だと開業資金はそこまで必要ないので、デリヘルのオーナーとして稼いでいる人がいます。お店の宣伝効果は十分にあり「元AV女優がプロデュース」や「AV女優在籍店」などインパクトがあります。また同じような境遇のAV女優を誘ったりできるので高級デリヘルとしてもお店を大きくすることができます。

グラビアや芸能人としてデビュー

ごく一部の売れっ子のAV女優であるとグラビアモデルや映画出演などで稼ぐ人もいます。意外にも海外では日本のAV女優に人気があり、日本ではなく海外で芸能活動を行って成功するといった例もあります。AV女優という肩書をどこまで活かせるかは本人次第ですので、風俗以外で稼ぐ方法はたくさんあるようです。